ジルコニアクラウンを安く提供することを実現!東池袋あべ歯科です。  あべ歯科は、日曜診療・ 完全予約制 の 審美歯科クリニック です

  HOME > 親身になった治療例
 
親身になった治療例
 

今、皆さんはご自身の抱えているお口の中の問題解決のため、いろいろな方法・選択肢を模索されていることと思います。

もし、歯科医である私自身が歯の治療をしなければならない必要に迫られた場合、あるいは、私の身内や親しい友人などを治療する場合には、いったいどんな方法を選択するだろうか?

患者さんなら誰しも、、、ドクターや医療スタッフに対して、 「 自分だけは丁寧に対応して欲しい 」 であるとか、 「 自分のことは親身になって相談・対応にあたってほしい 」 と願うもの。

今回紹介する内容は、現在、治療法を迷っておられる方にとって、治療法選択の多少の参考になるかと思います。

「 前歯 」の治療と「 奥歯 」の治療とに分けてお話していきます。

 
 前歯の場合
 

前歯のクラウンはどれがいいか? 

もし私が前歯のクラウンを選ぶとしたなら、
迷わず ジルコニアセラミッククラウン ( 1本 75,000 円 ※税込 81,000 円 ) を選びます。

 
(治療前) (治療後)

ジルコニアセラミッククラウンを選ぶ理由は、現在、歯科で使用されるクラウン素材の中で、前歯に最適なものであると思うからです。

ただしこれ ( 以下にお話する内容も含む ) は、あくまで私の個人的な見解です。 

言うまでもなく、意見には個人差がありますから、治療法のチョイスは、同じ歯科医師間でも意見が分かれます。 その点を留意された上で、以下、読み進めていってください。
 

 
 

今度は奥歯のクラウンを選ぶ場合です。

奥歯とは、犬歯よりも後側に位置する歯のことを指しますが、もし私自身の奥歯に何らかクラウンを入れるとしたら、、、

第一選択として
オールジルコニアクラウン ( 1本 35,000 円 ※税込 37,800 円 )
の適用を検討します。

奥歯のクラウン選択にあたっては、まず第一に日常の食生活等において噛む力に耐えうる ” 強度 ・ 耐久性 ” を兼ね備えているということが必要絶対条件となります。

オールジルコニアなら、クラウン自体が破損する心配はまずありません。

多くの皆さんと同様、私もやはり、1度治療したなら その歯が長持ちするように・・・と考えます。 

そういった観点からも、オールジルコニアなら安心できるでしょう。

また、金属アレルギーのある人や歯ぎしりや食いしばりなどの癖がある人、過去に奥歯に治療したセラミックが壊れてしまった経験がある人でも、オールジルコニアなら心配いりません。

当クリニックでは、オールジルコニアクラウンを 1本 35,000 円 ( ※ 税込  37,800 円 )  という 低価格にて提供しております。

皆さんの中で、銀歯(奥歯)を白くしたいとか、 奥歯をセラミックで キレイにしたいと思っても今までは費用の面であきらめていた方、 歯科は保険治療の経験しかなく自費では初めてという方でも、、、 

当クリニックと巡りあったこの機会に 是非、オールジルコニアクラウンによる治療を検討されてみてはいかがでしょう?

 
 欠損歯がある場合
 
歯が抜けてしまった場合の治療方法のいろいろ 【抜歯後の治療法の選択肢】 も 併せて参照されてください。
 

さて、前歯と奥歯に分けてクラウン選択の参考例を紹介してきましたが、最後は欠損歯がある(虫歯や歯周病その他が原因で歯を抜いてしまった)場合です。

歯が欠損した場合の治療法の一般的な選択肢としては、インプラントの他にブリッジや部分入れ歯などがありますが、欠損歯数が1歯〜2歯程度であれば、第一選択としてインプラント治療の適用を考えます。

欠損歯数が1〜2歯程度というのは、特に本数を限定(制限)しているのではなく、3歯欠損以上の場合でももちろんインプラント治療は可能です。

ただしインプラント治療は費用も高額となるため、本数が多ければ、当然、その分費用もかさんできます。 

歯を何本も失ってから、いよいよインプラントを、、、と思い立つよりは、欠損歯が少ないうちに(1〜2歯くらいのうちに)キッチリと治療しておくことで、結果、生涯的なスパンで考えた場合、、歯科でかかる経済的な負担を抑える事が出来るだろうという考え方です。

また、インプラント治療を受けるにあたっては、その条件(抜歯後の治癒の状態や顎骨のコンディション他)が整っている人でなければ、いくらその人がインプラント治療を希望されても出来ない場合もあります。 

インプラント治療を検討される際は、まずは、その条件を満たしているかを精査することが必要です。

 
< 1歯欠損 の インプラント治療例 >

手術終了と同時に即日写真のような仮歯を入れ帰宅していただきます。

(インプラント手術前) (インプラント手術直後)
 

インプラント(人口歯根)とは、厳密に言うと、顎の骨に埋め込む本体部分のことを指します。  

写真(レントゲン写真↑)は 顎骨にインプラント本体(歯の根っコに相当する部分)を埋め込む手術を終えた直後のものですから、当然、両隣の歯との間にはスペースがある状態となっています。( 念のため・・・)

また、歯の高さ(丈)に関しても、レントゲンを見ると、術直後はインプラント体の高さは両隣の歯の高さよりも低くなっています。 

これは、この後、数回の治療ステップにより、上部構造と呼ばれる歯冠部分(手術によって埋め込まれたインプラント本体にジョイントさせる差し歯に相当する部分)が装着され治療が完了となるため、 術直後のレントゲン写真ではそのスペースの分(上部構造が入れるスペース分)、高さが低くなっています。

TVや雑誌その他のメディアでインプラント特集が組まれ、その中には、患者の不安を煽るであろう内容が発信されているのを時折目にすることがありますが、、、

私はインプラント治療に関しては、種々の条件(顎骨のコンディションが良好であり、全身状態にも特に問題が無いなどの条件)を満たす人に対して、慎重な診査を行った後に適用する分には、むしろ安全で確実性のある信頼できる治療法の1つであると思っています。

何かにつけて、情報に惑わされ、いわば、マイナス要素ばかりにとらわれて無用な不安を抱くタイプ(懐疑心の強い人・心配性の人)には、インプラント治療はおすすめできません。

インプラントに限らず、どんな治療法にも必ずメリットとデメリットというものが存在します。

「 費用が安くて 丈夫で長持ち、 痛くなくて、 通院回数も短く、 見た目もキレイで 身体にやさしい 」 などなど、、、 何もかもを満たす絶対という治療法は存在しません。

当クリックでは、一人ひとりの条件 ( 希望 あるいは お困りの内容、 治療希望歯のコンディション、 個々の経済的事情等々を含む ) を考慮・診査・相談させていただいた上で、問題解決のための治療法選択肢をいくつかご提案いたします。 

その後は、患者さんご自身が十分に内容を理解された上で、それらをふまえて熟考・検討され、意思決定をされればよいと思います。


以上、 「 親身になった治療法 」 として、いくつか事例を紹介しましたが、皆さんにとって今回紹介した内容が治療法選択の助けとなれば幸いです。


ページ上段に戻る

 

Copyright:(C) 2009 ABE DENTAL CLINIC All Rights Reserved.